Recent Articles

くりっく365の業者は証券会社がよい

| 2013年2月18日

以前ですと、投資信託は銀行では買えなかったと思います。今は銀行で変えるようになっています。銀行といいますと身近なところにありますから、非常に利用しやすいです。ですから、なんでも銀行でできるようになれば便利になりそうです。そう思っていたら、逆の現象が起きていました。通常、定期預金といいますと銀行でのみしか利用できませんでした。でもある会社においても利用できるということです。それも良い金利が設定されています。思わず利用したくなるくらいです。金融の自由化が進んだということで、いろいろなところで、いろいろな商品が扱われるようになったということでしょう。いろいろな商品を扱えるようになっても、やはり得意分野というのはその会社のもともとも持っているものだと思います。そちらがメインで、こういったサービスも使えるようになりましたということです。ですから、どうしても利便性の面で物足りなさを感じることがあります。餅は餅屋で買うのが良いということです。インターネットを通じて行うという気においても、使い勝手が異なるのを感じます。投資の取引がしやすいというところと、振り込みなどの取引がしやすいというところがあります。別の取引については、他に少し劣るということです。くりっく365においては、どの業者を利用するのが良いかです。現在は多くの会社が提供しています。まずは銀行があります。そして為替を専門にしている会社、先物取引を行っている会社があります。更にあるのが証券会社ということです。証券といいますと、いろいろな情報を元に取引を行うことになります。注文においてもいろいろな方法があります。そういったことに関しては、証券を販売するときのノウハウがあるのかもしれません。そのせいか、使いやすい業者としてあげたいところです。直接取引をしなくても、ツールのみを利用するということでも良いと思います。テクニカル分析をするのに良いツールを豊富に揃えています。

初心者のためのくりっく365は本当なのか

| 2012年9月30日

最近はネットを開ければ、FXという文字が目に飛び込んでくる。その中でも、最近目に付いた面白い名前は、初心者のためのくりっく365だ。聞いたときはブログ関係と思った。私は慌しいのは性に合わない。ノンビリ寝ていたら、忘れた頃に数万円、というのが好きで、外貨預金を長年していた。以前は理想的なリズムで為替相場の変動があって、お小遣いぐらいにはなった。
最近はどん底だ。いくら損をしているのか、見るのも不愉快だから目をそらせている。いつの日か、元本ぐらいに回復する日が来るのだろうか。もしかして、アメリカはジリ貧で、もう立ち直れないのではないのだろうか。悪夢が足元に忍び寄る。いろいろ言われても最後はやっぱり米ドルと、信じたのが甘かったのだろうか。
不安と猜疑心ばかりで、捨てちゃえ捨てちゃえあんなお金、と威勢のよい掛け声をかけても、そんなに太っ腹にはなれない小市民。ここらでFXでもやってみようか。初心者向けのサイトを頼りに、せめて、へこんだ分だけでも取り戻せないかと悶々としている。

FX初心者なら、くりっく365の口座が安心

| 2012年8月31日

日本ではバブル崩壊以後、株式市場は低迷しているので、資産運用する手段として為替証拠金取引が人気になっています。初心者が為替証拠金取引を行う場合は、正式な金融取引所と取引をするくりっく365で始めるのが安心かと思います。実際に取引を始めるには、金融取引所が認めた金融機関で口座を開設する必要があります。
くりっく365の口座を開設すると、証拠金を預託します。現在、FXでは証拠金の25倍までの外国為替の売買が可能になっています。しかし、FXの初心者は慣れてくるまでは、証拠金の1倍から始めた方が良いと思います。なお、取扱通貨ペアは26通貨ペアあります。円とドルなどを取引する対円の通貨ペアの他に、ドルとユーロなどの外国の通貨どうしを取引するクロス通貨取引もできるようになっています。
くりっく365では、色々な金融機関が金融取引所に提示する気配値の中から、最も安い売り気配や最も高い買い気配を提示していくれるため、有利なレートでの取引ができます。FXは、買いの取引と売りの取引のどちらも可能なのが利点です。なお、通貨ペアによって、スワップポイントの受け取りと支払いが生じるので注意が必要です。

初心者にうってつけの「くりっく365」

| 2012年7月31日

FXを始める前にはなかなか気づかないことですが、ようやく儲かった後にお金を残す有利な方法まで考えているトレーダーは多くありません。「くりっく365」は東京金融取引所を通して行うFXのことを言います。これまでのFXとは違い、中立機関が介在することから、安全公平かつとても有利です。普通FXの納税手続きは厄介ですが、「くりっく365」は定率20%で、損失も3年間まで控除できます。
ただ、初心者が最も気になるのは結局のところ、手数料が一番安いのはどこなのかだと思います。このことは初心者だけでなく、どうせ同じことをするなら、少しでも安く、少しでも得したいと考えるのが当然です。様々な証券会社が取り扱っていますが、ここでは支払う手数料にポイントを絞って、比較してみただけでも証券会社によって金額が違います。またキャンペーンの有る無しによって手数料が適応される条件や期間なども異なります。加えて、システムなども業者によって違い、使い勝手に関わってきますから、メイン口座を決める時にはいくつか試してみてから決定するほうがいいと思います。いずれにしても、詳細についてはそれぞれの証券会社の公式サイトで確認すると良いと思います。

FX初心者の味方、くりっく365

| 2012年6月30日

今や一般的となったFXですが、日本におけるその歴史は意外に浅く、個人向け取引が正式に解禁となったのが1998年の事でした。これはおそらくインターネットの普及とも関係があるのかもしれませんが、自宅から容易に参加できることと投資ブームも重なり、あまり金融に関する知識の無い、いわゆる初心者が安易に手を出し、悪質なFX会社の被害にあうことになりました。あまりトラブルばかりが目立って多くなるようでは、投資ブームに水を差す事にもなりますし、安全で健全な取引会社、つまり「くりっく365」の誕生となったわけです。
勿論、初心者に優しいからといって、最初から全て手取り足取り教えてくれるわけでもなければ、必ず儲けが出るようにしてくれるというわけではありません。投資とは、あくまでも自己責任です。ただ、その自己責任という言葉をたてにした悪質な業者が多い中で、誠実さと解りやすさという点で他の追随を許さないという手んでは、初めてFX取引に手を出すという人には、この「くりっく365」はお薦めです。

くりっく365が初心者に向いている理由

| 2012年5月31日

FX取引初心者にとってくりっく365は向いていると言えるでしょう。たくさんの業者がある中で最初はどこを選べば良いのか分かりませんよね。手数料が無料なのが良いのかスプレッド幅を重視するのかはたまたチャートや各機能が充実しているところを選ぶべきか、そもそも初心者にはそれを見極めることができません。そして一番大切なのはその業者が信頼できるかどうかです。FX業者の中には破綻してしまうところも少なくありません。そうなると証拠金が戻ってこないこともあります。
その点くりっく365の参加基準は厳しいため安心で健全な業者だと言えるでしょう。参加するのに業者は参加費を支払いますので一般の業者に比べて資金力があることも事実です。万一業者が破綻しても証拠金は保護されますのでこの点でも安心です。くりっく365の一番の魅力は税制面で優遇が受けられることと言われています。いくら利益を出しても一律20%の課税率です。これは初心者にはあまり縁のない話かもしれませんね。初心者に向いていると思う一番の理由は証拠金が保護されるからです。